研究開発

ホール音響設計

ホール音響のイメージ写真

音・音楽に関するあらゆるシーンを総合的にプロデュースするヤマハは、そのノウハウと先端技術を用いて、従来の音響設計の枠を越えた新しい音響空間造りをお手伝い致します。

ホール音響設計のページへ飛ぶ
 
 
 

関連技術一覧

音響シミュレーション技術

音響シミュレーション技術 Arrow_right_small

音響シミュレーション技術の導入により設計段階で音響を阻害する要因を見極め、悪い部分を試作品を作る前に排除することができるようになったため、設計の品質を高めるとともに製品開発に関する時間とコストを飛躍的に減らすことができるようになりました。

ヤマハホール:1 騒音・振動との戦い

ヤマハホール:1 騒音・振動との戦い Arrow_right_small

数多くの課題を解決したのが、研究開発で培ったヤマハの技術。このコンテンツでは、最新技術の粋を集めたこの「新ヤマハ銀座ビル」の秘密を紐解きます。

ヤマハホール:2 ここにしかない響きを目指して

ヤマハホール:2 ここにしかない響きを目指して Arrow_right_small

「ヤマハホールでしか体験できない響きを創出したい」と考えたチームは、まったく新しいタイプのホールを目指しました。その構想として生み出されたのが、奥行きよりも高さが特徴のホール形状と音響でした。アコースティック楽器に最適なコンサートホールでありながら、日本で唯一の響きを目指したのです。

ページトップへ戻るReturn to Top