研究開発

A.R.E.処理技術 用語集

セルロース

植物の繊維の主成分で、繊維素とも呼ばれるもの。綿はそのほとんどがセルロースで構成されている。

リグニン

植物の成分のひとつで、木質素とも呼ばれるもの。

ヘミセルロース

植物の成分のひとつ。

高次倍音

ある楽器を鳴らしたときに、鳴らした音以外に、2倍、3倍、4倍…整数倍の周波数を持つ高い音が鳴っている。この音を倍音(あるいは高次倍音)という。

(音の)立ち上がり

楽器を操作してから音が鳴りはじめるまでの時間 (またはその現象)

関連技術一覧

A.R.E.技術

A.R.E.技術 Arrow_right_small

A.R.E.とはAcoustic Resonance Enhancementの略で、木材の改質技術の名前です。この技術は、短時間で若い木材を熟成させ、長年使い込まれたような質感に変化させるという画期的なものです。

ヤマハホール:2 ここにしかない響きを目指して

ヤマハホール:2 ここにしかない響きを目指して Arrow_right_small

「ヤマハホールでしか体験できない響きを創出したい」と考えたチームは、まったく新しいタイプのホールを目指しました。その構想として生み出されたのが、奥行きよりも高さが特徴のホール形状と音響でした。アコースティック楽器に最適なコンサートホールでありながら、日本で唯一の響きを目指したのです。

ページトップへ戻るReturn to Top