研究開発

team-K

Now Loading...

KはKindのK。人に優しい技術とその種類をお伝えします。
ヤマハの最先端の音にまつわる技術で
未来の「便利」「安心」「快適」の実現を目指しています。

ABOUT team-Kチームケーとは

team-Kは、ヤマハの最先端の音にまつわる技術で
人に優しい未来の実現を目指すプロジェクトです。

音が提供できる「便利」「安心」「快適」ってどんな事でしょう?

例えば2020年。東京オリンピック・パラリンピック開催くらいの
ちょっと近い未来を想像してみました。

team-Kでは、こんな人に優しい未来が実現できます。

scene.01

スポーツの練習

スポーツトレーニングの現場では、動作を視覚的にフィードバックすることが技術の向上にとても有効です。色んな角度から自分の動きを確認できれば、問題点や動作のポイントがしっかり理解できるはずです。そんな沢山の角度から撮影するマルチアングル動画、どうやって作るのでしょう?手持ちのカメラや携帯で簡単に作成できます!

scene.02

人混みの中での音声案内

海外からの訪問者、車椅子の方、いろいろな人が歩く人混みの中でも、特定の人に向けたご案内をしたい場合があります。薄く軽いスピーカーは、お互いの音を邪魔をせず特定の方向に音を伝え、今まで通常のスピーカーでは設置が困難であった場所にも、簡単に対応。必要な人に、必要な案内をしっかり届けます。

scene.03

パブリックビューイング

遠く離れていても手に汗握る観戦をしたい。パブリックビューイングの会場と実際の競技場を臨場感あふれる音響で繋ぎます。会場の音を360°全て再現できる音響技術では、緊張感、盛り上がり、空気感まで、すべてをリアルに再現することが可能、音で離れた場所の感動をつなぎます。

TECHNOLOGY技術のご紹介

ChimeCa™

音をたよりに複数の動画を
瞬時に合わせる技術です

Flatone™

厚さわずか5mm
紙でできた軽く薄いスピーカー

ViReal™

ヤマハが誇る、世界最高峰
立体音響の総合技術

contactお問い合わせ

team-Kはご紹介した事例のほかにも
音の技術で人に優しい社会づくり、をテーマに
どんなことできるか、日々活動を進めています。
ご興味を持たれた方は、ぜひお気軽に
こちらからお問い合わせください。

ページトップへ戻るReturn to Top