研究開発

team-K

Now Loading...

team-K

team-K

KはKindのK。人に優しい技術とその種類をお伝えします。
ヤマハの最先端の音にまつわる技術で
未来の「快適」「安心」「便利」の実現を目指しています。

news

新着情報

イベントJAPAN終了しました。
沢山のご来場ありがとうございました。

イベントJAPAN

イベントJAPAN2017に出展します。

2017年1月31日(火)から 2月1日(水)まで東京ビックサイトにて開催される、イベントのミッションを最大化する展示会「イベントJAPAN 2017」に team-K が出展します。team-K の提案する技術が、展示やデモにて実際に体感いただけます。皆様の多くのご来場お待ちしております。

【出展技術】

キメカお手軽マルチアングル動画でスポーツトレーニングをもっと効果的に!
フラットーン紙で構成された、軽く薄い静電スピーカー
バイリアル360度立体音響を自由にあやつる、世界最強の音響技術

イベントJAPAN2017

http://www.intercross-com.co.jp/event-japan/

◆ 会場
東京ビッグサイト 西展示棟西1ホール( http://www.bigsight.jp/
◆ 開催期間
2017年1月31日(火)10:00~18:00
2017年2月1日(水)10:00~17:00
◆ 入場料
無料(入場登録制)
入場をスムーズにしていただくために、事前登録をお薦めいたします。
事前登録はこちらから
http://eventregist.com/e/eventjapan2017

scenario

音が提供できる「快適」「安心」「便利」とは

スポーツの練習

スポーツの練習

遠く離れていても手に汗握る観戦をしたい。パブリックビューイングの会場と実際の競技場を臨場感あふれる音響で繋ぎます。会場の音を360°全て再現できる音響技術では、緊張感、盛り上がり、空気感まで、すべてをリアルに再現することが可能、音で離れた場所の感動をつなぎます。

人混みの中での音声案内

人混みの中での音声案内

海外からの訪問者、車椅子の方、いろいろな人が歩く人混みの中でも、特定の人に向けたご案内をしたい場合があります。薄く軽いスピーカーは、お互いの音を邪魔をせず特定の方向に音を伝え、今まで通常のスピーカーでは設置が困難であった場所にも、簡単に対応。必要な人に、必要な案内をしっかり届けます。

パブリックビューイング

パブリックビューイング

遠く離れていても手に汗握る観戦をしたい。パブリックビューイングの会場と実際の競技場を臨場感あふれる音響で繋ぎます。会場の音を360°全て再現できる音響技術では、緊張感、盛り上がり、空気感まで、すべてをリアルに再現することが可能、音で離れた場所の感動をつなぎます。

technology

支えているのはこんな技術です

ChimeCa キメカ

ChimeCa™は、バラバラに撮影した複数の映像のタイミングを、音を使って一瞬で合わせることができます。音といっても音楽ではなくて、話し声や体育館の雑踏でも大丈夫です。しかも、大きな機材や難しい操作は必要ありません。スマートフォンで撮影した映像をChimeCa™のシステムにアップロードするだけで、お手軽マルチアングル映像ができあがります。スポーツの技術を向上するために誰もが簡単に使える、みんなにやさしい映像システムです。

ChimeCa キメカ

Flatone フラットーン

Flatone™の厚さは、わずか5mm。紙が主材の2枚の電極板の間に、極薄の導電性フィルムを挟んでいる静電スピーカです。紙製のため軽くて薄いのはもちろんのこと、磁石を使用しないので、一般のスピーカではあきらめていた場所への設置の可能性が広がります。平面波の「狭い範囲に遠くまで届かせる」特性を生かすことで、例えば、”狭い空間での複数のアナウンス”や”音の響いてしまうトンネル内”での利用など、いままで使い難かった場所へのお役に立てます。

Flatone フラットーン

ViReal バイリアル

「ViReal™」は世界最高峰の360°立体音響技術。収録・再現・コントロールまで、立体音響のあらゆる技術を提供をしています。「360°動画を制作したいけど、音はどうやって作れば良い?」収録にViRealマイクを使用すればすぐ対応可能。収録した音を臨場感あふれる音で再現ます。話題のVRの音響にも完全対応、リアルタイムで自由に音を操れます。また、ViRealヘッドフォン技術ではどんなヘッドフォンでも立体音響の再現可能。ゲームや360°動画など、応用範囲は無限大です。

ViReal バイリアル

お問い合わせはこちら

ページトップへ戻るReturn to Top