研究開発

音演出

ヤマハ銀座ビル1Fポータルを音演出

音で空間をプロデュースする

一般的な空間の演出では、建築技法そのものや照明、場合によっては香りなどが用いられていますが、ヤマハではそこに「音響」を取り入れた「音演出」というものを開発しました。

音で空間を演出する…というのはなかなかイメージが難しいかもしれません。例えば森の中を想像してください。森の奥からはせせらぎが、頭上のどこかからは鳥のさえずりが聞こえます。風が吹けば葉の擦れ合う音がして、真夏にもかかわらずふとした涼しさを感じてしまった…。そんな音による風景の創出を行うのが、音演出技術です。

音風景創出の原理

音演出とは、ビーム化した音をスイングさせることができるヤマハの「アレイスピーカー」を用いた「音ビーム化技術」、「間接音響技術」と、クリエーターの方達とともに進める空間創造ノウハウとを組合わせた新しい音空間演出手法です。間接・直接のビームを有効に利用して空間全体に音の情景を創り出しながら、ビームの動きで空間の揺らぎや描写の変化を生み出し、より自然で飽きのこない音空間をつくります。また、壁からの反射音を利用した間接音響により、スピーカーの存在感をなくしたり、人間の錯覚を用いて壁の向こう側に仮想音源を設定したりすることで、スピーカーが無いはずの壁から音が聞こえる意外性や、壁の向こう側に音源があるかのような空間の拡がり感を演出することが可能となりました。

音演出効果の種類と分類

音の演出効果には、大きく分けて「間接音系」と「直接音系」の2種類があります。間接音系は壁・天井に音を当てることでその反射音を利用します。一方で直接音系は聞き手に向かって音を出すことで、音の明瞭性や大きさで変化を与えます。この両者を組み合わせることで、音による空間演出を可能としています。

下図は、音演出効果の一覧表です。

音演出方法の分類一覧表
(クリックすると拡大します)

導入事例

レクサスインターナショナルギャラリー青山

レクサスインターナショナルギャラリー青山では、レクサスブランドを音で演出するために「空間の広がり」「空間の揺らぎ」「最適な背景音」を創り出しました。レクサスブランドを象徴する空間には圧迫感の低減や、音の揺らぎによる自然で飽きのこない空間を、一方で商談ゾーンの空間は最適な背景音で満たすことにより、安心して会話のできる環境を実現しました。(空間音楽作曲:畑中正人氏)

ミラノ・サローネ

ミラノで行われたインテリア・家具の見本市「ミラノ・サローネ」にて、プロダクトデザインの展示を行った際に「楽器製作現場の音」「職人の思い」をモチーフにした楽曲で音演出を行いました。工場という冷たい雰囲気のある会場でしたが、来場者には「叙景的な音体験」「音に包まれる心地よさ」を体感してもらうことができました。(空間音楽作曲:畑中正人氏)

記憶 H.P.FRANCE

東京・新丸の内ビル内のショップ「記憶 H.P.FRANCE」では、音演出を利用して森の中にいるような雰囲気を演出しています。同時に職場環境としての心地よさを両立することもできました。(空間音楽作曲:畑中正人氏)

銀座ヤマハビル1F ポータルを音演出
新ヤマハ銀座ビルの入り口に位置するポータルでは、屋外の雑踏の音やその場の暗騒音などをマスキングして空間の静寂さを演出する「背景音のデザイン」と、動きや変化を取り入れた気づかせる音により、音の情景や空間の豊かさを演出する「聞かせる音のデザイン」の組み合わせによって、建築デザインを引き立たせ、空間の魅力をさらに高める音演出を行っています。季節ごとの音のうつろいにもご注目ください。 (空間音楽作曲:川岸宏吉氏、吉田ゐさお氏、上原直氏)

関連サイト・ニュースリリース

Yamaha Design Exhibition “scene of tone” in FuoriSalone

2008年09月24日
ヤマハ、空間コンセプトを音環境デザインで実現
レクサスインターナショナルギャラリー青山、レクサス青山で採用

対外発表履歴

清水、秦、三木、伊藤、畑中「DSP制御アレースピーカによる音空間演出とその実施例」
日本音響学会 2007年春季研究発表会

秦、藤原、清水、畑中「アレイスピーカのマルチビーム制御による音空間演出と実施例」
日本音響学会 建築音響研究委員会2008年8月度研究会

関連技術一覧

音場制御パネル(調音パネル)

音場制御パネル(調音パネル) Arrow_right_small

音響の専門家ではなくとも部材を設置するだけで、小空間にて発生しやすい音の様々な問題を軽減する技術です。楽器やAV機器とセット、もしくは組み込んで利用することにより、快適な音場作りに効果します。

音演出 用語集

音演出 用語集 Arrow_right_small

音演出の用語を解説します。
・音のビーム化
・音のマスキングなど。

ページトップへ戻るReturn to Top