TECHNOLOGIES技術

製品のもととなる技術、
環境に配慮するための技術、
新たな未来を生み出すための技術、

ヤマハでは様々な研究に取り組んでいます。

コンテンツのシーン自動分析AI技術 SURROUND:AI

音声信号から、ホームシアターのサラウンド効果をリアルタイムに最適化

AIデジタル信号処理ホームシアターリアルタイム解析空間音響

人工知能合奏システム MuEns

人間の演奏するテンポや弾き方をリアルタイムに解析、人間に合わせた伴奏を生成

AIデジタル信号処理リアルタイム解析楽器音楽情報処理

VCM技術 Virtual Circuitry Modeling

アナログ機材特有の音の温かみを、デジタル機器で再現

デジタル信号処理デジタル機器物理モデル音源・エフェクタ

リコーダーの流れ可視化・シミュレーション技術

リコーダー内部の空気の流れを可視化

可視化楽器音響解析流体管楽器解析・シミュレーション

ピアノ物理モデル・シミュレーション技術

ピアノの「音」と「タッチ」を、物理モデル・シミュレーションで予測

可聴化可視化解析・シミュレーション音響・振動

アコースティックギターの振動・音響解析技術

アコースティックギターの振動を、測定やシミュレーションによって解析

アコースティックギター解析・シミュレーション音響・振動計測

トランスアコースティック™技術 TransAcoustic™

電子音の情報を振動に変換し、アコースティックピアノの響板に伝搬

エキサイターセンサー・アクチュエータ応用ピアノ楽器音響解析響板

管楽器消音技術 サイレントブラス™ SILENT Brass™

金管楽器を消音しながら音色を補正

情報処理・信号処理金管楽器音響・振動

ピアノ練習MIDI記録技術 Piano Diary

MIDI演奏データをクラウド上に保存・再生

グラフ化ピアノ録音音楽情報処理

リアルタイム音楽セッション技術 NETDUETTO™

ネットワーク越しの音の遅延を最小化

デジタル信号処理ネットワークリアルタイムセッション

動画・音声同期技術 ChimeCa™

複数映像のタイミングを、音情報を使って同期

デジタル信号処理マルチメディア動画同期音声

音源分離・雑音抑制・残響抑制技術

特定の音を強調、不要な音を制御

デジタル信号処理音声

自然応答技術 HEARTalk™

音声対話システムにおける、機械応答の不自然さを解消

聴覚心理学音声合成

立体音響総合技術 ViReal™

立体音響の総合ソリューション

デジタル信号処理立体音響聴覚心理学解析・シミュレーション頭部伝達関数

バーチャルサラウンド技術 AIR SURROUND EXTREME™

フロントスピーカーのみで7.1chサラウンド再生を実現

デジタル信号処理ホームシアター空間音響頭部伝達関数

薄型平面スピーカー技術 Flatone™

紙でできた軽く薄いスピーカー

平面スピーカー狭指向性音響・振動

流体音制御技術 TWISTED FLARE PORT™

バスレフ型スピーカーの低音再生における“風切り音”の発生を制御

スピーカーノイズ抑制音響・振動

木材改質技術 A.R.E.® Acoustic Resonance Enhancement

木材を、短期間で、薬剤を使わず、長年使い込まれた楽器のように熟成

木材改質木製楽器

伸縮センサー技術 GummiStra

大小の歪みが計測できる、ゴムのように伸縮する変位センサー

ウェアラブルセンサーデバイス変位センサー

楽曲解析技術 Music Analyzer

楽曲のオーディオデータから、ビート位置やコード進行などの楽曲構造を認識

デジタル信号処理楽曲解析音楽情報処理

楽器演奏評価技術 virtana™

歌唱や演奏の、音程・タイミング・抑揚を採点評価

演奏評価音楽情報処理

メロディによる逐次楽曲検索技術 MelodySearch

歌唱または鍵盤演奏をもとに、データベースから楽曲を逐次に検索

楽曲検索音楽情報処理

電子楽譜技術 Score Viewer

見やすいだけでなく、現在の再生位置を表示するなどの機能がついた電子楽譜

マルチメディア楽譜解析電子楽譜