NEWSABOUTTECHNOLOGYお問い合わせ

ViReal™バイリアル

ヤマハが誇る、立体音響の総合技術
録音・編集・再生まで、全てをサポート

ViReal™(バイリアル)は立体音響の総合技術です。
録音・編集・再生、立体音響制作の
それぞれのシーンで必要な技術をすべて提供します。

録音には専用のワンポイントマイク、
編集には音を自在に操る加工技術、

再生には、ヘッドフォン、スピーカー、
再生環境に応じた専用の再生技術。

世界最高水準を誇るすべての技術で
立体音響の制作をサポートします。

  • 録音録音

    ViReal Mic

    従来の音素材から立体音響を作成することも可能ですが、専用のViReal Micで録音すれば、一度に360°の音響を収録可能になります。

  • 編集
    編集

    ViReal
    Sound Engine

    立体音響への変換、ミキシングをします。ViReal Micで収録した音は、立体音響のフォーマットに変換し、従来の音素材には位置情報などを付加し、ミキシングしていきます。

  • 再生
    ヘッドフォン

    ViReal
    Headphone

    スピーカー

    ViReal
    Speaker

    再生の媒体が、ヘッドフォンの場合、スピーカーの場合、ViRealはそれぞれに最適なレンダリング技術を持っています。ヘッドフォン技術はVRやゲームサウンド、スピーカー技術は、劇場音響、会議システムなどに適しています。

ViReal technology lineup

  • 64chワンポイントマイク
    ViReal Mic64chワンポイントマイク

    360°の音を扱う立体音響は、従来の録音方法とは異なり、全方向の音を高品質で収録する必要があります。ViReal™ Micは、全方向の音を方向の情報を保ったまま、一度に64chで収録することが可能。高解像度の収録により、その場の空気感までも再現します。また、Danteネットワークを利用し、 LANケーブル1本で録音することができます。マイクもケーブルも1本のみ。コンパクトな録音環境で、設置時間もわずかです。

  • 立体音響編集技術
    ViReal Sound Engine立体音響編集技術

    立体音響は、従来のチャンネルベースのオーディオとは全く異なるワークフローが必要になります。ViReal™ Sound Engineは、立体音響をチャンネルベースオーディオにダウンコンバートすることなく、立体音響のままミキシングや加工ができます。また収録音響を正確に再現することに加え、音素材を自由に空間に配置して、立体音響としてミキシングすることができます。

  • ヘッドフォン再生技術
    ViReal Headphoneヘッドフォン再生技術

    耳の形状には個人差があるため、人によって音の聞こえ方は様々です。ヤマハでは、人間の耳・頭部の形状を収集、解析、学習することにより、独自のHRTF(頭部伝達関数)を開発。どんな人でも、どんなヘッドフォンでも、最大限の立体音響効果が得られます。2000方向以上の分解能でなめらかな音源移動を実現し、未だかつてない圧倒的な高品質サラウンド音響を提供します。

  • マルチスピーカー再生技術
    ViReal Speakersマルチスピーカー再生技術

    今までのように、事前にスピーカーレイアウトを決めて音の制作をする必要がありません。ViReal Speakersは、スピーカーの数や位置に応じてリアルタイムにレンダリング。スピーカーの制約にとらわれず、自由な設定で最適な音空間を提供します。立体音響でコンテンツを作ってしまえば、ヘッドフォンでも、スピーカーでも、再生環境にあわせてレンダリングすることができます。